薄毛治療にプロペシア

プロペシアとは、米国の製薬会社が開発を行い販売までを行っている経口による内服により男性の方の頭皮に起こるAGAを改善させる効果を持つ医薬品の一つとされ、国際的にも医師によりAGA治療として処方が行われるのは初の事であり、国内では医師の処方箋を必要とする処方箋薬とされ個人入手する事は出来ませんが、海外通販を通じて輸入する事で個人的に治療を行う事ができ、ホルモンの影響により乱れた髪の生え変わりの周期を整える事が出来るとされ発毛作用を期待する事が出来る薬剤になります。

又、通販での購入に頼る方が増えてきており、通院等が手間に感じる事や薬価の基準を未収載としているだけに一錠に掛かる負担が大きく一日一錠の内服を少なくとも半年から一年の継続を必要としているので定期的に高い医療費を負担する事は困難と考える方が多く、海外通販であれば輸送料を含めても薬価を一割負担の25から35円程度に抑える事ができ、AGA治療に効果のあるプロペシアは海外通販がお得です。

プロペシアの特徴としては、AGAの根本的な原因となる悪玉性の雄性ホルモンDHTの産生を防ぐ事ができ原因物質を取除く事が出来るとされ、これは育毛剤等には無いとされる作用で、髪の成長促進を促すに留まる製品は有りましたが、根本を治療する医薬品は本剤が初めてで有りAGAに悩む男性の方の頭皮に有効性を示す割合も七割を超えるとされ、殆どの方に効果を発揮し頭皮環境を改善出来る事が特徴とされます。

成分をフィナステリド1.0mgとしており、詳しい薬理を記述すると本来成長ホルモンとして男性の方に必要とされる雄性ホルモンテストステロンが成長期を過ぎた事で頭皮内の酵素5α-リダクターゼにより転換される事で上記原因物質を産生するとされ、毛乳頭細胞に結合を起こす事で蛋白質の一種で有るTGF-βが産生され毛髪に休止あるいは退行期となるシグナルを送る事で毛髪量を減らす抜け毛や髪が薄くなる薄毛が起こる様になり、原因を作り出す酵素を阻害する事でシグナルが発信される前に物質を抑制する事が出来るとされています。

AGA治療には適切な医薬品となりますが、一方で少ない副作用症状の中にはリビドー減退やEDを挙げる事ができ、AGA治療の為とはいえ充実した性交を行う事が出来なくなる可能性が有る事には留意の必要が有ります